小さな巨人?ポメラニアンまると私が過ごしてきた約9年間

私は一人暮らしで今年8月に9歳になるメスのポメラニアンを飼っています。飼っているというよりもはや2人で暮らしている感じです。

思い返せば約9年前、25歳の秋。1ヶ月付き合った彼氏と別れ虚しさと悲しさで心の癒やしを求めペットショップを巡っていました。元カレが柴犬を飼っていた為会えなくなった寂しさもありました。元々犬を飼うのが夢でもありました。
街のペットショップで運命的な出会いとなった1匹のポメラニアン。ケースには人気NO1の貼り紙。丸い毛玉のボールが動き回っているみたいでした。ウルフセーブルという毛色で全体的には茶色なのですが所々黒が混じっています。あまり鳴かない大人しい子との事。店員さんに抱っこさせてもらい即購入を決意。クレジットカード2回払いの衝動買いでした。
とりあえずダンボールのケースに入れて連れて帰りました。環境が変わったせいかそわそわし始め、夜鳴もします。かちゃかちゃ音も立てる為起こされることも何度もありました。ペットショップで出会った時の印象とは変わり元気いっぱいでとにかく常に動いています。うんちも食べます。おしっこは何度も失敗。生き物を飼うって想像以上に大変。けどあまりに可愛すぎてその大変さも今はあまり覚えていません。
名前は、ボールのように丸い姿から”まる”と命名しました。呼びやすくて自分でも気に入っています。まるにぴったりの名前だと今でも思います。
まるは病気することなくすくすく育ちました。小さい頃からそうですが、他の犬と全く仲良くなれない犬です。散歩中、自ら近寄って行っておしりをクンクンしてはみるもののすぐにしっぽを下げて逃げるというなんとも情けない姿。公園デビューも果たしなんとか他の犬と馴染ませようと頑張りましたが徒労に終わりました。自分以外の犬を認めないようです。せめて人間が好きになってくれればと思いましたが人間もそんなに好きでないようです。特に子供は公園で石を投げられるという事件があってから敵とみなしているようです。犬友達ができずいつも私のそばから離れないまるが気の毒になり、獣医さんに「まるは他の犬と遊ぶ楽しさを知らないので可哀想です」と言ったところ、獣医さんには「本人(まる)はなんとも思ってないから大丈夫ですよ」と言われました。それもそうだ。まるにとってはおもちゃで遊んだり散歩したり私の近くにいることで楽しいんだと思い、可哀想なんて思うのは飼い主のエゴだと思いました。それから私は無理に犬の中に入れるのをやめました。まるはまるなのです。
現在まるは人間でいうとだいたい50歳。体重6kgの巨漢。きかん坊で大食い。これからも2人仲良く暮らしていきたいです。